なぜヨーグルトよりプリビオという乳酸菌製品がおすすめなのか

なぜヨーグルトよりプリビオという乳酸菌製品がおすすめなのか

 

お腹の環境を改善させるとなると、乳酸菌商品の摂取が必要になる場合があります。いわゆるヨーグルトなどは、その1つなのですね。
ヨーグルトは、確かに大きな効果は見込めます。現に私も数ヶ月ほど前に、お腹の調子が悪くなってしまったのですね。それである有名メーカーのヨーグルトを摂取してみたら、随分とお腹の調子が良くなりました。やはりそのヨーグルトの中に含まれている乳酸菌が、お腹の中に働きかけてくれたのでしょう。

 

ヨーグルトよりもプリビオを摂取すると良い2つの理由

 

ところでヨーグルトには、実は限界があります。なぜなら1日に服用しなければならない量を、ヨーグルトだけでクリアできるとは限らないからです。むしろかなりの量が必要になる事も多いので、別の成否を選ぶ方が良い一面もあります。その1つがプリビオと呼ばれる製品なのですね。

 

プリビオは、ヨーグルトとは明らかに異なるタイプになります。いわゆる植物性の乳酸菌が含まれている製品になりますが、ヨーグルトと違ってそれほど多くの量が必要ないのですね。むしろ少量でも、そこそこの効果を発揮してくれるのが特徴的なのです。

 

私たちがヨーグルトでお腹の環境を改善させるとなると、1日に数カップ程の摂取が必要になると言われています。当然ですが、それだけ多くのヨーグルトを毎日摂取するのは、とても大変な事ですね。毎日同じものを摂取するのを飽きてしまいますし、そもそも料金も高く付いてしまうでしょう。

 

ところがプリビオという乳酸菌の製品の場合は、その中に2兆以上もの菌類が配合されています。その量は、ヨーグルトに比べれば圧倒的に多いのですね。それだけの量を1日に摂取するとなると、まさに数十カップ分になってしまうでしょう。それではお腹の調子を改善するまでに、かなりの労力がかかってしまいます。しかしプリビオの場合は、スプーン1杯程度の量でお腹の調子を整える事ができる訳ですね。どちらの方が労力が少ないかと言われれば、もちろん後者になるでしょう。効率良くお腹の調子を整える事ができるという意味で、ヨーグルトよりはプリビオがおすすめです。

 

またプリビオの場合は、常温保管する事ができるメリットも大きいですね。ヨーグルトの場合はほぼ確実に冷蔵保管が必要になってしまいますが、それでは旅行先などに持ち込む事も難しくなってしまうでしょう。しかしプリビオの場合は通常の温度で保管ができるので、保管しやすさに関するメリットもあります。

 

すなわち摂取の労力と保管しやすさという2つの理由で、プリビオを摂取するのが良いですね。